メラニンがシミの原因

トップページ メラニンがシミの原因

メラニンがシミの原因

シミができる原因のひとつは、紫外線です。太陽にあまり当たりすぎるとシミができるので、注意している女性は多いでしょう。

 

紫外線によるシミは、シミの原因として最も大きいです。紫外線を浴びると、肌を守ろうとメラニン色素を皮膚が作りだします。このメラニン色素が、皮膚に残って色素沈着してしまい、シミになるのです。
>>紫外線とほうれい線

 

シミの原因には、加齢や女性ホルモンの分泌異常、ストレスや睡眠不足、ニキビ、吹き出物、アトピーなどもあります。

 

シミは、額や頬、目元や口元にも出来やすく、発見したときにはショックを受けますよね。日焼けした後、しばらくしたら出来てしまっているものです。

 

そのため、日頃からしっかり予防しておくことが大切なのです。シミを予防するためには、紫外線をあまり浴びないようにすることです。

 

日焼け止めを使うことはもちろん、帽子や日傘などで肌をカバーするのも有効です。ニキビ痕のシミには、細胞増殖や細胞賦活作用のある美容液などを利用して、予防することができます。

 

美白化粧品でも、シミを改善していくことができます。紫外線を浴びてしまった後には、しっかり保湿も行うようにしましょう。

 

シミの原因には様々なものがあるので、それに合った対策を行うことが必要です。徐々に濃くなっていくシミですから、こまめに対策をすることで改善していくように心がけましょう。時間はかかるかもしれませんが、じっくり対策してください。